私たちは、医学の世界、栄養学の世界で健康を考えてきました。しかし、私たち人間は 60兆個の細胞だけで作られているわけではなく、1000兆個という微生物と共に生きているのです。 ある意味、微生物というバリアによって守られているのです。皮膚には皮膚常在菌が常在し、紫外線や細菌などから 皮膚を守っています。また消化管内には腸内細菌が常在し、消化の手助けや細菌などから体を守っているのです。 ある意味、最前線で私たちの体を守ってくれているのです。 その微生物に着目し、「人は人だけにあらず、微生物と共に生きている」をテーマに、この知識が皆様の健康維持に役立てられればと考えています。
人および動物の消化管内に常在して腸内細菌叢を形成する細菌。その構成はヒト、動物の種類・固体・年齢・食習慣・腸管の部位などにより異なります。
人の消化管内に常在する腸内細菌は、数にして100兆個、種類は500種類、量は1㎏にもなり 共生という形体で私たちと共に生きており、その宿主である私たちの生命活動に大きく係わっ ています。
腸内細菌は、ヒト及び動物の食べた物を餌にして生きており、その代わりに宿主であるヒト及び動物にとって必要な物を提供しています。特に消化に大きく係わっています。 例えば、ウシが草しか食べなくてもあれだけ大きな体を維持できるのは、腸内細菌の働きによって、消化の過程で草からタンパク質などが合成され大きな体を維持する為の栄養が作りだされているからなのです。またヒトでも、パプアニューギニアの高地に住むパプア高地人は、朝、昼、夜とサツマイモしか食べないそうです。しかし筋肉質な体をつくり健康を維持しています。やはり腸内細菌の働きによって、消化の過程でサツマイモからヒトにとって必要な栄養が合成されているからなのです。
私たちの消化管内に常在する腸内細菌は大きく善玉菌と悪玉菌とに分けられ、そして生活環境により変化する日和見菌によって構成されています。 その中の善玉菌と総称される菌に腸内乳酸菌群があります。腸内細菌群は人の消化に大きく係わりその過程の中で、ビタミン・各種酵素・各種酸(乳酸・酢酸・酪酸)の産生をしています。また外界から入ってくる細菌なども腸内乳酸菌によって増殖が抑えられています。その中にあって人の健康維持に重要の働きを持つ腸内乳酸菌が発見されました。それが、エンテロコッカス属群です。 体内の善玉菌を増殖させ、健康維持をバックアップします。また、人由来の乳酸菌を培養したものである為、人の体に優しく安心です。
生き物は全て分類学上で、界⇒門⇒網⇒目⇒科⇒ 属⇒種⇒株と分類されます。細菌類も例外ではありません。やはり乳酸菌も分類学により、形、生態系、働き、役割に違いがあります。重要なのは、株の部分です。これが人で言えば個性なのです。「人それぞれ個性が違うように乳酸菌も違うのです」「人には人の乳酸菌」が存在意義を持って人の消化管内に棲息しているのです。である為、人の体に優しく安心です。
悪玉菌と言われる菌群も役割があり必要な菌です。主に脂肪分の消化に係わっています。しかしその過程で毒素などを作ってしまいます。その毒素も善玉菌が作り出す、酸や酵素によって分解されます。大事なのはこの腸内細菌のバランスなのです。
日本では、昔から大便をみて健康状態を見るという習慣がありました。その大便の約半分は、腸内細菌で占められているのです。まさに私たちは、自然な形で腸内細菌のバランスを見て、健康状態の目安にしていたわけです。
ヒトは、進化の過程でいらないものは全て排除してきました。
しかし、未だ、腸内細菌は排除されることなく、共生という形で消化管内に棲息しています。その意味を腸内細菌の科学によって解明してきました。
メタボ対策が叫ばれ、国民が健康維持に注目し始めた今、この飽食の時代に、「本能で物を食べるから、知識で物を食べる」という意識の変革が必要です。
弊社は、上から目線で健康維持を提案するのでなく、この腸内細菌の知識を通して、皆様と共に健康維持を考えて行きます。